薄毛って治療できるの?

男性ホルモンが影響しているとき

男性と女性では見た目が異なります。見た目に影響を与える要素としてホルモンがあります。男女ともに男性ホルモンと女性ホルモンを持っていて、男性は男性ホルモンが多くあるので男性らしく、女性は女性ホルモンの影響で女性らしくなります。男性と女性の違いとして、薄毛の人は男性が多い点に着目していろいろな研究がされていました。そして、今は薄毛の原因に関して一定の問題点と問題解決法が見つかっています。かつては薄毛の治療方法がなく、かつらなどを被るしか改善方法がありませんでした。もし原因が男性ホルモンが起因するものであれば、飲み薬を飲み続けるとその影響を減らして薄毛の解消が可能になります。専門クリニックなら、血液検査などで何が原因かなどを調べてくれます。

全く生えていない部分があるとき

薄毛は、髪の毛の量が少ない状態です。年齢的に若いのに薄い時、髪の毛の成長サイクルに問題がある可能性があります。成長サイクルを正常化させれば、生えていない所から生えたり、成長する前に抜ける状態を防げます。しかし、成長サイクルの正常化の治療は毛根が生きているときに行える治療です。全く髪の毛が生えてない状態だと、既に毛根が死んでいて成長サイクルが戻らない時があります。この時は自毛植毛と呼ばれる治療が受けられます。後頭部や側頭部などに髪の毛があるなら、それらの髪の毛の毛根を移植する手術があります。全く髪の毛が生えていないとしても、男性ホルモンの影響を受けにくい毛根を移植すればそれ以降生えてくる可能性が出てきます。

女性の抜け毛の病院は悩みを解消するために育毛剤や発毛剤を使う治療から、発毛成分を直接頭皮に注射したり自毛を移植する方法もあります。